2011年02月10日

「夢色バタフライ」「ママの恋人」一気見生放送

http://live.nicovideo.jp/gate/lv39762766

明日2月11日の14時開始予定です(・ω・)

自分の作品を一気見生でやっていただけるのは
これが3回目になりますが
前々回「僕はユメに恋をする」、前回「また春に会いましょう」に引き続き
今回もニコマス界では有名な生主である「もじゃ」さんにやっていただく事になりました。
本当に感謝感激であります(゚∀゚)

ちなみに今回のは2作品連続になるため
生の時間がかなり長いので気をつけてNE!

皆様の来場をお待ちしています。
当日は自分も参加しますので。
posted by 若燕P at 00:54| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

ちょっとした雑記

まず先に今回の新シリーズ「夢色バタフライ」を作るに当たって
強いインスピレーションを頂いた2作品を紹介いたします。



まずは何といってもこれ!「ゆりゆめP」作の「りょうゆめで百合っぽい話を書いてみた」です。
同じ女であるはずの涼に反目しつつもなぜか惹かれてしまう夢子を描いた作品。
現在もシリーズものとして続けられています。
具体的に何ランクのあたりの話かっていう表記はたしか曖昧だったと思うんですが
今回の動画のシチュエーションに近いものもありますし
そもそも前から知ってた作品でもあります。同じ0912出身のPですし。
今回の「夢色バタフライ」をいつか作る際は、できるだけ内容の重複がないように気を付けたいなと
思いながら色々構想を練っていました。



つづいては「さかちーP」の「ニセモノの僕、本物の夢」です。
こちらは今回の作品と同じ、涼Bランクエンド後の後日談的なお話。
多分この動画は今回の自分の作品とぱっと見はかなり似てるかもしれません。
実際この動画が投稿された時「やべ、このプロット没にするしかないのか…」って焦ったりもしました。
でもこちらのお話は涼に触れる各人の視点、っていう構成になっており
よくよく考えれば自分の今回の話とは舞台設定だけしか似てる部分はないんだなぁw
涼の悲壮な、それでいて美しげ、かつ儚げに映る「覚悟」を描き出した良作です。


この2作品に特に強い感銘を受けつつ、自分の中でのBランクENDのもやもや感を
何とかしてまとめようと思ったのが今回の作品。テーマは「夢」です。

で、投稿者コメントの部分にやや意味深な言葉を書いてしまいましたが
実際のところは別にノベマスPを止めたりとかいう気はなくて。
ただ、一ついうなら「長編を作る際のネタが枯渇しかけている」というのがあり
今回の作品で長編(5話以上の長い作品)のNovelsM@sterは暫く終了になる可能性があります。

とはいえ、今回の話を作ってる最中に
ある日突然パッと次の長編のネタが降ってくるかもしれないんで
今回ので絶対に最後、もう長編は作らないYO!っていうわけでは決してないのですがw


確かに今は「0918事件」の関係で、
更新を休止したり、それまで上げてた動画を全消ししちゃうPさんも幾人か見られるのですが
自分はさすがにそこまではしませんし、
公式の方針が気に入らないので動画製作を止めたりなんていうことも多分無いと思います。

「公式でそうきたか、なら俺は逆にこう弄ってやるか」
みたいな発想の転換で、今までも色々作ってきたわけですので。

何、961プロで男キャラが3人増えた?しかも超イケメン?面白い。
ならそこに涼も混ぜ込んで「ウホッ!男だらけのNovelsM@ster」でも作ったろうかいな
って感じですねw(実際に作るかどうかは不明ですよ!)

とりあえず、今回の長編が終わったら次どうするかは全く不明ですが
終わったからといって活動終了って事には多分ならないと思います。
「大好き!律子姉ちゃん」シリーズなんかもありますからね。
次の長編のネタが出るまでに、新しいコメディシリーズを始めるのも悪くないかも。


というわけで、今日も妄想の神様はフル稼働です。ということでひとつ。
posted by 若燕P at 00:55| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

動画紹介的な

最近は作るほうに集中しちゃったり、仕事等の関係により
他のPさんの動画を見る時間が激減してしまったのですが、
そんな中少しずつ色んな情報を元にチェックしていって
非常に強い印象を受けた作品がこちら。



やや前の作品になりますが
同じ09年12月デビューPである「くるわP」の「遊郭m@ster」です。
っていうか同月デビューしてたのPであるのにも関わらず
全然チェックしてなかったとか(´・ω・`)ショボーンって感じですがw


くるわPはユーザーページで確認するとわかりますが女性の方です。
よって女性らしい表現が作品内でも多々見受けられる…というか
この辺は言葉で説明するのが超難しいのですが…。

精一杯自分なりの感覚で表現するなら特に「言葉選びのセンス」が絶妙ですね。
一つの事象における表現のアプローチの仕方に対するセンスというか感覚の鋭さに
大分深い影響を受けました。
この表現をこういう言葉で飾るのか〜って感じで色々勉強になります。

女性ならではの表現力といったらそれまでになっちゃうんですが
少なくとも自分は男性であるので、中々こういうのは難しいのかもとか思ったりします。

単純な語学・文学等(小説とか?)の勉強とかでは到達できない部分に差があるように感じて
ちょっとその辺が羨ましくも感じたり。

あと、ノベマスによくあるウィンドウ配置して会話してくパターンと
ビジュアルノベルを交互に、かつバランスよく展開してくやり方なんか
次回作の参考にしたいなって思ってたりもします。
こういう絵的な配置みたいなのってほんとセンスが問われるから大変。
そういう意味でくるわPはホント凄いと思います。


自分は実はあまり他の人の作品に影響を受けることってないタイプなんですが
(人は人、自分は自分って完全に割り切ってる部分が強いので)
くるわPには恐らくNovelsM@ster書き出してから初めてかもしれないくらい
かなり強く影響を受けました。
例えば再生数だとか、作品の質だとか。そういう目に見える部分ではなく
もっと違った方向で「自分にこういう作品を作ることはできるんだろうか」と色々考えさせられましたね。

ズバッと言っちゃうと地の文そのものに「艶」があるんですよね。
色気というか、まぁ広義な意味でいう「個性」に繋がるものなんでしょう。
自分はそういうのがある作品が凄く好きです。

逆に言っちゃうと、見た目が凄く派手でも
文章そのものに「艶」の無い作品は、あまり見ない事が多いです。
大抵文字追ってる間に飽きちゃうんで。


漫画やアニメみたいに派手になったりよく動いたりするNovelsM@ster作品が増えるのもいいけど
もっと地の文に拘った、地味でも強い個性のある作品が増えればいいなぁと思う今日このごろでした。
posted by 若燕P at 00:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。