2013年10月25日

そして時は動き出す



だいぶ時間があいてしまいましたが後編です。
前回投稿した前編(http://www.nicovideo.jp/watch/sm21925919)の続き
……としては結構な長さの短編になってしまいました。
なんと過去の投稿動画も全て含め、歴代6位の長さです。
多少端折った部分もあるのですがそれでもこの長さなので
ちょっとオチまで持っていくのにばたばたしちゃった感はありますが
伝えたいことはほぼ盛り込めたかと思います。
動画後半にかかるオーケストラみたいな曲はDream Theaterのアルバム「Dream Theater」より
「Illumination Theory」という長編曲の中間部分です。

時間停止っていうシチュは結構面白いものではあるんですが
本当に時間が止まりっぱなしだったらそれはかなり怖いんじゃないかなという
ある種のホラー的な解釈も含めつつな後編でした。
動画の最初のほうで夢子が苦し紛れに誤魔化した台詞の
「止まった時間の世界で何かあったら大変」っていうのは本当にそうだと思います。
文字通りの意味で誰も助けてくれませんから。
自分だけが動けるっていうことは、つまり自分しか動けないということでもあるので。

もともとは1人の時間を満喫したくて神様にお願いした涼ですが
かたや2人きりの時間を作りたくて神頼みした夢子。
結果としては2人とも(特に夢子が)一応願いは叶ったようで何より……といいつつも
やはり安易に神頼みをしてはいけない、と。
本当にやりたい事は自分の力で叶えていかないといけない
というメッセージもこの話の中に込めたつもりです。
ちなみに今までの恋愛の神様シリーズも大体そんな感じです。
偶発的に与えられた力や状況では、ろくな結果になりません。
その辺も考えて恋愛の神様は試練を与えてくれてるんですね。凄いですね!(棒読み)

本音を言えばりょうゆめが書きたかっただけなんですがねw
まぁ、三つほど余分にフラグが立った涼はこの後が大変だと思いますが爆発しろ( ^ω^)
久々のDSノベですがお楽しみ頂けたら幸いです。
そして自分の動画をきっかけにアイマスDSに興味を持ってくれたり
あるいは動画をつくってみたいとか思う人が少しでも増えてくれたら嬉しいです。
posted by 若燕P at 21:44| Comment(3) | NovelsM@ster | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きてたー
愛ちゃんなら笑って許してくれそうだったけど油性だったとはw
実際他人の意識がある状態だと分かると何も出来ないですよねー
都合良い神様は居ない
街中で白昼堂々ヤラカしたんでマスコミ大騒ぎですね
照れてる律っちゃん可愛い
二次元キャラが画面から出てくる能力や二次元に行くことが出来る能力をくれる神様は居ないかなぁ
あっ邪神様は帰ってどうぞ
Posted by ちっぱい at 2013年10月28日 13:51
どうも、若燕Pさん。
いつもあなたの動画を拝見させていただいてます。(例えば、15の彼、夢になる 愛になる、また春に会いましょう、冷たい手のひら、僕はマリオネット、愛は静かに、夢子ちゃんの○○○、○いは○ょうを○○る、あつい、秋月涼の消失、俺は真美と結婚したい、初恋、あの日、ふたり それから、どんかん、愛してる 律子姉ちゃん、いたずらさせて?、サンタになりなさい、とまれなど)
どうも、若燕Pさん。
いつもあなたの動画を拝見させていただいてます。(例えば、15の彼、夢になる 愛になる、また春に会いましょう、冷たい手のひら、僕はマリオネット、愛は静かに、夢子ちゃんの○○○、○いは○ょうを○○る、あつい、秋月涼の消失、俺は真美と結婚したい、初恋、あの日、ふたり それから、どんかん、愛してる 律子姉ちゃん、いたずらさせて?、サンタになりなさい、とまれなど)どの作品もみんな最高です。自分はおねショタのカップリングが好きなので、特に15の彼とまた春に会いましょうが好きです。
突然のリクエストなのですが、次のノベマスはりょうおざでお願いいただけないでしょうか?できれば、ブラックコーヒー必須の製糖派ノベマスでお願いします。
Posted by ゴッド at 2013年10月29日 14:50
コメントありがとうございます。

>ちっぱい
涼にとっての初恋の人が自分だったと知ったら
律子姉ちゃんはどんな反応をするのか
っていうのはずっと気になっていたところです。
今回こういう形で少しだけでもそれを出せたのはよかったかなと。
二次元に干渉するには本物の神様の力を借りねば……。

>ゴッド
沢山の作品を見ていただいて感謝感激です。
申し訳ございませんが、特定の個人のリクエストにお答えする形で動画を製作することは出来かねます。
が、気が向けばまた「りょうおざ」で動画を作ることもあるかもしれませんので
どうか気長にお待ちください。
Posted by 若燕P at 2013年10月29日 16:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。