2012年06月13日

俺は真美と結婚したい  第2話



約2週間ぶりに第2話できました。
今回もプロリューサーさんの熱い情熱が真美のハートを焦がします。

1話目の次回予告でも律ちゃんが発言していたとおり
ここからはPの呼び方を「プロリューサー(さん)」に固定します。
(普段Pの事を「プロデューサー」って呼ぶ女性キャラ限定)
もともとは「プロリューサー」って単語を使ったタイトルにしようと思ってたけど
「俺は真美と結婚したい」っていうほうが明らかにインパクトが強かったので
こちらを採用しました。

今回は特別大きく説明する部分はないんですが
Pは早婚法が出来る前でも割と紳士な人だったんだよという。
あとは真美の心境の変化ですかね。
結婚したい、と言われた直後から意識はしてるんですが
今は無理にPの事を好きになろうとしてるような感があり。
それに気づいたPに無理はせず自然体でいこうと言われたことで
真美もここから真剣にPとの交際を考えるようになります。
一方亜美の方はというと、早婚法の施行後からPが真美ばかり構うので
その現状が気に入らない。といったところでしょうか。

物語内でゴシップ記事に変な事を書かれていましたが
この件の成り行きも含め、次回あたりから物語が少しずつ展開し始めます。
Pの真剣な思いをいぶかしむ亜美の思惑とは?
亜美との帰宅途中に律子が「ざわ…」っと感じた謎の気配の正体とは?
そしてPと真美に一体何が……?
みたいなところで次回へ続きます。
posted by 若燕P at 10:00| Comment(4) | NovelsM@ster | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乙です。

この先の予測とか無粋な真似はしないで楽しみたいと思いますが、、
どうしても気になるのが、「真美やかすみちゃんが大人になってもプロリューサー的に
OKなのか」ということなのですww

前回のコメントで「亜美ではなく真美である理由は追々語られていく」と
いうことですが、その辺も語られていくんですかねー。
Posted by 通りすがりの若燕Pファン at 2012年06月13日 14:03
Pは良いこと言ってるけど、ロリコンというだけでこれほど残念な感じ溢れるのは面白いですねw
しかし小鳥さんにベタベタ触られたのか!
羨ましすぎる!

モバマスではクールPだったのですね。
僕も同じですw
無課金でSレアとかろくに持ってないので、今でも佐々木さんがフロントメンバーですよ!
Posted by ゆりゆめP at 2012年06月13日 16:14
うぽつです
Pは紳士すぎるけど居場所がないのが不憫でw
ざわ…とか亜美の策略?とか律ちゃんのPへの心境が気になるところですね
あと次回予告の律っさんが好きすぎるw
Posted by ちっぱいちっぱい at 2012年06月14日 16:18
コメントありがとうございます。
>通りすがりの〜
大人になったらどうなるのかっていうのは
ある意味この物語の最大の焦点のひとつかもしれませんね。
モチロン純愛ですからPを信じましょう(キリッ

>ゆりゆめP
小鳥さんとならいくらでも飲みに行きたいですね。
ああでも今なら川島さんでも(ry
クールP意外と回りにすくないんですよね。
自分の知ってるPさん大半の人がキュートなんですよ。
同じクールP同士がんばりましょう(`・ω・´)

>ちっぱいちっぱい
次回予告は何気に結構力入れてるところなので
注視してくれている人がいるのは嬉しいです。
三浦あずさの婚活のときもそうだったんですが
そこを作るのに(コメントを考えるのに)無駄に時間がかかってたりしますw
Posted by 若燕P at 2012年06月15日 16:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。