2012年06月13日

俺は真美と結婚したい  第2話



約2週間ぶりに第2話できました。
今回もプロリューサーさんの熱い情熱が真美のハートを焦がします。

1話目の次回予告でも律ちゃんが発言していたとおり
ここからはPの呼び方を「プロリューサー(さん)」に固定します。
(普段Pの事を「プロデューサー」って呼ぶ女性キャラ限定)
もともとは「プロリューサー」って単語を使ったタイトルにしようと思ってたけど
「俺は真美と結婚したい」っていうほうが明らかにインパクトが強かったので
こちらを採用しました。

今回は特別大きく説明する部分はないんですが
Pは早婚法が出来る前でも割と紳士な人だったんだよという。
あとは真美の心境の変化ですかね。
結婚したい、と言われた直後から意識はしてるんですが
今は無理にPの事を好きになろうとしてるような感があり。
それに気づいたPに無理はせず自然体でいこうと言われたことで
真美もここから真剣にPとの交際を考えるようになります。
一方亜美の方はというと、早婚法の施行後からPが真美ばかり構うので
その現状が気に入らない。といったところでしょうか。

物語内でゴシップ記事に変な事を書かれていましたが
この件の成り行きも含め、次回あたりから物語が少しずつ展開し始めます。
Pの真剣な思いをいぶかしむ亜美の思惑とは?
亜美との帰宅途中に律子が「ざわ…」っと感じた謎の気配の正体とは?
そしてPと真美に一体何が……?
みたいなところで次回へ続きます。
posted by 若燕P at 10:00| Comment(4) | NovelsM@ster | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。